新秘書は勤務実態なしか 豊田議員に今度は“名義貸し”疑惑

公開日: 更新日:

「このハゲーー!」で一躍時の人となった豊田真由子衆院議員(42)の周辺が何やら騒がしい。豊田本人が雲隠れしているなか、“ハゲ秘書”に代わる新たな政策秘書を密かに正式決定していたのだ。

 6月30日付で政策秘書となったのは青森県板柳町で町議を務める松森俊逸氏(61)。2002年に青森県議会議員補選に自民党から出馬し、無投票当選。03年の統一地方選で落選後、16年2月に町議に。妻も豊田議員の公設第1秘書で、夫婦揃ってパワハラ議員に仕えることになる。

 地方議員が税金で給与を賄う公設秘書を兼務してもいいのか。衆議院広報の答えは「議員秘書の兼職は原則禁止ですが、議員の特別な許可があり、なおかつ、兼務先に罰則規定がなければ認められます」。議員の了承を得れば可能なのだ。

 ただし、公設秘書の給与を定める法律に禁じる条文は見当たらないとはいえ、地方議員の報酬をもらいながら、政策秘書としての報酬も受け取っていれば「税金の二重取り」のそしりは免れない。さらに、“うさんくさい”ウワサも流れているのだ。自民党関係者が打ち明ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る