新秘書は勤務実態なしか 豊田議員に今度は“名義貸し”疑惑

公開日:

「このハゲーー!」で一躍時の人となった豊田真由子衆院議員(42)の周辺が何やら騒がしい。豊田本人が雲隠れしているなか、“ハゲ秘書”に代わる新たな政策秘書を密かに正式決定していたのだ。

 6月30日付で政策秘書となったのは青森県板柳町で町議を務める松森俊逸氏(61)。2002年に青森県議会議員補選に自民党から出馬し、無投票当選。03年の統一地方選で落選後、16年2月に町議に。妻も豊田議員の公設第1秘書で、夫婦揃ってパワハラ議員に仕えることになる。

 地方議員が税金で給与を賄う公設秘書を兼務してもいいのか。衆議院広報の答えは「議員秘書の兼職は原則禁止ですが、議員の特別な許可があり、なおかつ、兼務先に罰則規定がなければ認められます」。議員の了承を得れば可能なのだ。

 ただし、公設秘書の給与を定める法律に禁じる条文は見当たらないとはいえ、地方議員の報酬をもらいながら、政策秘書としての報酬も受け取っていれば「税金の二重取り」のそしりは免れない。さらに、“うさんくさい”ウワサも流れているのだ。自民党関係者が打ち明ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る