• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新秘書は勤務実態なしか 豊田議員に今度は“名義貸し”疑惑

「このハゲーー!」で一躍時の人となった豊田真由子衆院議員(42)の周辺が何やら騒がしい。豊田本人が雲隠れしているなか、“ハゲ秘書”に代わる新たな政策秘書を密かに正式決定していたのだ。

 6月30日付で政策秘書となったのは青森県板柳町で町議を務める松森俊逸氏(61)。2002年に青森県議会議員補選に自民党から出馬し、無投票当選。03年の統一地方選で落選後、16年2月に町議に。妻も豊田議員の公設第1秘書で、夫婦揃ってパワハラ議員に仕えることになる。

 地方議員が税金で給与を賄う公設秘書を兼務してもいいのか。衆議院広報の答えは「議員秘書の兼職は原則禁止ですが、議員の特別な許可があり、なおかつ、兼務先に罰則規定がなければ認められます」。議員の了承を得れば可能なのだ。

 ただし、公設秘書の給与を定める法律に禁じる条文は見当たらないとはいえ、地方議員の報酬をもらいながら、政策秘書としての報酬も受け取っていれば「税金の二重取り」のそしりは免れない。さらに、“うさんくさい”ウワサも流れているのだ。自民党関係者が打ち明ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る