小池知事が再開表明 都ファ「希望の塾」で2億円を荒稼ぎ

公開日: 更新日:

 小池都知事が国政に向けた準備を進めていることをついに明らかにした。今月2日、フジテレビのインタビューで、地域政党「都民ファーストの会」の国政進出について「希望の塾の塾生がまだ3000人ほど残っていますし、いろんな政治レベルでの担い手を用意している」と明言。そのために「希望の塾」も再開するとしたが、実はそれこそが小池知事の狙いだとささやかれている。

「都ファは都議選に圧勝したものの、このままだと金欠に陥る恐れがあります。選挙前に都庁のそばに事務所を構え、事務局スタッフも雇いました。運営を続けるために資金が必要ですが、国政政党のように政党交付金をもらえるわけではありません。手っ取り早い手段が塾の再開というわけです」(都ファ関係者)

■濡れてでアワの“セミナー商法”

 昨年は希望の塾に4000人以上が応募し、2900人が受講。全6回の講義で受講料は3万~5万円。希望の塾は1億5000万円近く集めたといわれている。都議選で都ファが圧勝したことで、昨年以上の“集客”が見込めるのは確実。4000人近く受講者が集まれば、塾は2億円近くを稼ぐことができる計算になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る