違法献金を隠蔽工作 加藤厚労相に日本医師会と“癒着疑惑”

公開日: 更新日:

 改造したばかりの安倍内閣に疑念ありだ。閣内横滑りの加藤勝信厚労相は、自ら事務局長を務める団体が「日本医師連盟」から違法な献金を受けた疑惑がくすぶり続けているにもかかわらず抜擢された。はたして医療行政を所管する厚生労働省のトップとしてふさわしいのか――。

 日刊ゲンダイは昨年6月22日付で加藤大臣が事務局長を務める議員連盟に政治資金規正法違反の疑いがあることを報じた。疑惑の議連は、診療報酬のプラス改訂を目指し、陳情を行う「国民医療を守る議員の会」。2013年11月8日に設立され、会長は高村正彦副総裁、特別顧問を伊吹文明元衆院議長が務める。発起人には事務局長の加藤大臣のほか、再入閣した上川陽子法相らが名を連ねている。

 怪しいのは「議員の会」と日本医師会とのカネの授受だ。医師会の政治団体「日本医師連盟」の政治資金収支報告書(2013、14年分)によると、13年11月8日に500万円、14年10月17日に100万円の計600万円が、「議員の会」に支出されたと記載されている。「支出を受けた者の氏名」に事務局長の「加藤勝信」の名前があり、加藤大臣の事務所がある永田町の衆院第2議員会館の住所が明記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る