• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再犯防止のカギに 痴漢行為「勃起してない」が5割の深刻

 今月初め、愛知県の小学校臨時講師が強制わいせつで逮捕された。同容疑での逮捕は5回目。

 今回、改めて注目されたのが、性犯罪の高い再犯率だ。法務省の犯罪白書(15年度版)によると、性犯罪の中でも痴漢の再犯率は44.7%と突出している。最近、「男が痴漢になる理由」(イースト・プレス)を上梓した精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏は「性犯罪は厳罰に処するだけでは再犯防止につながらない」と話す。

 斉藤氏は12年前から榎本クリニック(東京・豊島区)で、性犯罪者の再犯防止プログラムに取り組んできた。受講者は逮捕後、弁護士や家族の紹介で同クリニックを訪れた人たち。延べ1000人を超える性犯罪歴のある人の治療に携わってきた斉藤氏は、「性犯罪=性欲解消」とは必ずしもいえないと断言する。

「痴漢歴のある200人の調査で、半数以上が行為中に勃起していないと回答したのです。性欲の強さを自覚している人はむしろまれでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る