再犯防止のカギに 痴漢行為「勃起してない」が5割の深刻

公開日:

 今月初め、愛知県の小学校臨時講師が強制わいせつで逮捕された。同容疑での逮捕は5回目。

 今回、改めて注目されたのが、性犯罪の高い再犯率だ。法務省の犯罪白書(15年度版)によると、性犯罪の中でも痴漢の再犯率は44.7%と突出している。最近、「男が痴漢になる理由」(イースト・プレス)を上梓した精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏は「性犯罪は厳罰に処するだけでは再犯防止につながらない」と話す。

 斉藤氏は12年前から榎本クリニック(東京・豊島区)で、性犯罪者の再犯防止プログラムに取り組んできた。受講者は逮捕後、弁護士や家族の紹介で同クリニックを訪れた人たち。延べ1000人を超える性犯罪歴のある人の治療に携わってきた斉藤氏は、「性犯罪=性欲解消」とは必ずしもいえないと断言する。

「痴漢歴のある200人の調査で、半数以上が行為中に勃起していないと回答したのです。性欲の強さを自覚している人はむしろまれでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る