• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

天理市長は大騒ぎに…出張中のデリヘルは“不倫”なのか?

 まあ、市長室にデリヘル嬢を呼んでいたら大問題だろうが、騒ぎになった奈良・天理市の並河健市長(38)の場合、東京出張中といっても公務終了後の夜、宿泊先のホテルにポケットマネーで呼んだだけだ。

 並河市長のフェイスブックにも「不倫するよりよっぽど健全ではないでしょうか。男性ですもんね」なんて激励メッセージが寄せられている。意外と寛容な有権者も少なからずいるようだ。

「市長は特別職です。一般の職員のように、勤務時間も午前8時半から午後5時15分までと定まっているわけではありません。夜に会合があれば、それも公務になる。出張の場合は朝、家を出てから、予定していた会議や行事などが終わり、翌日の予定の確認などの打ち合わせが済んだ時点で、公務はいったん終了となります」(天理市市長公室秘書課担当者)

 並河市長は今年2月に予算の陳情などで、6月に全国市長会議などで上京し、公務を終えた後にいずれも20代のデリヘル嬢を呼んだという。事実をスッパ抜いた週刊新潮は、並河市長が「入れたい」などと本番行為を要求し、5000円を払ったことも問題視しているが、買春について、本人は「それは一切ない」と否定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る