天理市長は大騒ぎに…出張中のデリヘルは“不倫”なのか?

公開日:

 まあ、市長室にデリヘル嬢を呼んでいたら大問題だろうが、騒ぎになった奈良・天理市の並河健市長(38)の場合、東京出張中といっても公務終了後の夜、宿泊先のホテルにポケットマネーで呼んだだけだ。

 並河市長のフェイスブックにも「不倫するよりよっぽど健全ではないでしょうか。男性ですもんね」なんて激励メッセージが寄せられている。意外と寛容な有権者も少なからずいるようだ。

「市長は特別職です。一般の職員のように、勤務時間も午前8時半から午後5時15分までと定まっているわけではありません。夜に会合があれば、それも公務になる。出張の場合は朝、家を出てから、予定していた会議や行事などが終わり、翌日の予定の確認などの打ち合わせが済んだ時点で、公務はいったん終了となります」(天理市市長公室秘書課担当者)

 並河市長は今年2月に予算の陳情などで、6月に全国市長会議などで上京し、公務を終えた後にいずれも20代のデリヘル嬢を呼んだという。事実をスッパ抜いた週刊新潮は、並河市長が「入れたい」などと本番行為を要求し、5000円を払ったことも問題視しているが、買春について、本人は「それは一切ない」と否定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る