公明党にまた不倫騒動 樋口前文科政務官が公認取り消し

公開日:

「誠実・清潔・正義」が政治信条の公明党で、また不祥事だ。不倫騒動で2人目の離党者がでた。下半身スキャンダルを毛嫌いする集票マシンの創価学会婦人部はカンカンで、選挙戦への影響は避けられそうにない。

 問題人物は、衆院選比例近畿ブロックの公認候補に決まっていた樋口尚也前衆院議員(46)。樋口氏が3日、公認辞退と離党届を党に申し出た。樋口氏本人は「一身上の都合」とのコメントを出したが、今週発売の週刊誌が樋口氏の女性問題を報じることが理由とみられる。持ち回りの党常任役員会で公認取り消しが了承された。

 創価大法卒の樋口氏は2012年初当選で衆院議員2期、文科政務官を務めた。身長175センチのイケメンと評判で、夫人と2男の所帯持ち。好きな食べ物に「妻が作る餃子」を挙げている。安倍チルドレンに冷たい視線を送っていた公明も“魔の2回生”を抱えていたようだ。

 公明をめぐっては9月、妻子ある長沢広明復興副大臣が知人女性を東京都内の議員宿舎に泊めたと報じられて離党、参院議員も辞職した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る