寄せ集め「希望の党」 偽装勧誘で有名な宗教幹部まで擁立

公開日: 更新日:

 小池都知事が代表を務める「希望の党」の公認候補のポンコツ感がハンパじゃない。

 セクハラ問題で女性に訴えられた元熊本県議をはじめ、素性や経歴すらまともに分からない候補がゴロゴロ混在しているのだが、問題のある新興宗教の幹部信者まで擁立していた。石川2区から出馬する弁護士の柴田未来氏(46)だ。

 柴田氏が入信しているのは、富山県に本部を置く宗教法人「浄土真宗親鸞会」。1958年に設立された新興宗教団体で、一般的な浄土真宗とは無関係。“財施”と呼ばれる信者からの集金手法などをめぐり「被害者の会」も結成されている。

 宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。

「親鸞会がいかがわしいのは、大学などで『古典を学ぶサークル』などと正体を隠して偽装勧誘を行っていることです。宗教団体が信者を勧誘すること自体に問題はありませんが、団体名を隠す偽装勧誘は典型的なカルト教団の手法です。そのため、親鸞会は全国の大学で問題視されています。柴田氏は幹部組織『特専部』の一員として教団運営に携わってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る