都民ファ議員から不満噴出 都政でも小池知事「退場勧告」

公開日:

「都政に邁進したい」――。代表を務める「希望の党」の衆院選惨敗を受け、小池都知事は25日の両院議員懇談会で神妙な面持ちで語っていたが、そうは問屋が卸さない。もはや“四面楚歌”状態で、都政にも小池の居場所はなく、「退場勧告」を突きつけられている。

 かつて小池知事が、都政運営の「車の両輪」と表現した都議会は大揺れだ。都議選で圧倒的人気を誇った「小池」の看板を背負い当選した「都民ファーストの会(都F)」の議員からは、求心力が低下した小池知事に対し不満の声が上がっている。

「衆院選投開票の翌23日に開催された都Fの議員総会で、『衆院選惨敗の総括をすべきだ』との声が噴出。新人議員も物申していました。皆、希望の党の候補者応援で馬車馬のように働かされ、大逆風の選挙戦の前線に立ちました。『次の選挙では自分もこうなるかもしれない』と肌で感じたことでしょう。求心力を失った小池知事に対し、怒りと不安が渦巻き始めています。総括も反省もなしに『都政に邁進』など通用しませんよ」(都F関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る