都民ファ議員から不満噴出 都政でも小池知事「退場勧告」

公開日: 更新日:

「都政に邁進したい」――。代表を務める「希望の党」の衆院選惨敗を受け、小池都知事は25日の両院議員懇談会で神妙な面持ちで語っていたが、そうは問屋が卸さない。もはや“四面楚歌”状態で、都政にも小池の居場所はなく、「退場勧告」を突きつけられている。

 かつて小池知事が、都政運営の「車の両輪」と表現した都議会は大揺れだ。都議選で圧倒的人気を誇った「小池」の看板を背負い当選した「都民ファーストの会(都F)」の議員からは、求心力が低下した小池知事に対し不満の声が上がっている。

「衆院選投開票の翌23日に開催された都Fの議員総会で、『衆院選惨敗の総括をすべきだ』との声が噴出。新人議員も物申していました。皆、希望の党の候補者応援で馬車馬のように働かされ、大逆風の選挙戦の前線に立ちました。『次の選挙では自分もこうなるかもしれない』と肌で感じたことでしょう。求心力を失った小池知事に対し、怒りと不安が渦巻き始めています。総括も反省もなしに『都政に邁進』など通用しませんよ」(都F関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る