連騰相場の主役 米ブラックロックが買い漁った「63銘柄」

公開日: 更新日:

 株式市場は、史上初の16連騰に沸いた。25日に連騰記録は途切れたが、26日は再び上昇に転じ、日経平均は前日比32円高の2万1739円で引けた。

「連騰相場を牽引したのは海外勢です。その海外勢は衆院選の与党勝利で、アベノミクスは継続されると判断しています。この先も、日本株を一段と買い進む可能性は高い」(証券アナリスト)

 26日、東証が公表した10月3週(16~20日)の投資部門別売買動向によると、海外勢は4452億円の買い越し。4週連続の買い越しで、合計額は約1兆7640億円に達した。

「なかでも投資ファンドの米ブラックロックに注目が集まっています。実は、このファンドは日本株の保有額でトップ3に入る巨大さなのです」(市場関係者)

 日本株保有のトップはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、保有額は約47兆6000億円(2017年6月末)。その次がブラックロックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る