連騰相場の主役 米ブラックロックが買い漁った「63銘柄」

公開日:

 株式市場は、史上初の16連騰に沸いた。25日に連騰記録は途切れたが、26日は再び上昇に転じ、日経平均は前日比32円高の2万1739円で引けた。

「連騰相場を牽引したのは海外勢です。その海外勢は衆院選の与党勝利で、アベノミクスは継続されると判断しています。この先も、日本株を一段と買い進む可能性は高い」(証券アナリスト)

 26日、東証が公表した10月3週(16~20日)の投資部門別売買動向によると、海外勢は4452億円の買い越し。4週連続の買い越しで、合計額は約1兆7640億円に達した。

「なかでも投資ファンドの米ブラックロックに注目が集まっています。実は、このファンドは日本株の保有額でトップ3に入る巨大さなのです」(市場関係者)

 日本株保有のトップはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、保有額は約47兆6000億円(2017年6月末)。その次がブラックロックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る