連騰相場の主役 米ブラックロックが買い漁った「63銘柄」

公開日:

 株式市場は、史上初の16連騰に沸いた。25日に連騰記録は途切れたが、26日は再び上昇に転じ、日経平均は前日比32円高の2万1739円で引けた。

「連騰相場を牽引したのは海外勢です。その海外勢は衆院選の与党勝利で、アベノミクスは継続されると判断しています。この先も、日本株を一段と買い進む可能性は高い」(証券アナリスト)

 26日、東証が公表した10月3週(16~20日)の投資部門別売買動向によると、海外勢は4452億円の買い越し。4週連続の買い越しで、合計額は約1兆7640億円に達した。

「なかでも投資ファンドの米ブラックロックに注目が集まっています。実は、このファンドは日本株の保有額でトップ3に入る巨大さなのです」(市場関係者)

 日本株保有のトップはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、保有額は約47兆6000億円(2017年6月末)。その次がブラックロックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る