東京新聞・望月記者が語る「なぜ会見で疑問ぶつけない」

公開日: 更新日:

 予定調和が恒例の官邸会見で、明瞭な声で質問する女性記者。今年4月以降、一躍有名になった東京新聞の望月衣塑子氏が半生を振り返り、著書「新聞記者」(角川新書)で新聞記者としての矜持と覚悟を書き下ろした。

■人格攻撃に近い言葉責めも

「名前が知られるようになってから、脅迫や弾圧もありました。でも屈したり、口を閉ざすのは納得いきません。誰が見ても『おかしいでしょ?』と思うことを聞いているだけ。逆に、なぜ会見の場で疑問をぶつけないのか。私が聞くのは単純で素朴な疑問なんですよ」

 彼女の原動力は、正義感や使命感の前にある、もっと根本的な「違和感」や「疑問」でもあるのだ。支局勤務時代に鍛えられた不屈の記者魂は、日歯連ヤミ献金疑惑事件の報道で開花。東京地検特捜部の事情聴取にも、ひとりで立ち向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  8. 8

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

  9. 9

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

  10. 10

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る