仮想通貨の崩壊で株式市場に資金流入 日経平均は3万円へ

公開日:

 仮想通貨取引所「コインチェック」から、約580億円もの仮想通貨「NEM」が流出した問題が、株式市場を騒がせている。

「大きな声では言えませんが、NEM流出は株式市場に追い風です。なにしろ、仮想通貨の危うさがモロに露呈した格好です。NEMなどの仮想通貨は何十倍、何百倍になる魅力はあっても、ひとつ間違えば資産を完全に失ってしまう危険をはらんでいます。そんな大バクチをするより、取引市場がきちんと確立している株式で、資産運用しようという個人投資家は増えるでしょう」(市場関係者)

 コインチェックは、NEMの取引価格などを考慮し、480億円は返金するとしているが返金の時期は未定だ(29日時点)。

「NEMだけでなく、ビットコインやイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど仮想通貨全体の信頼が揺らいだと感じる投資家は大勢いるでしょう。だとすると、短期的には仮想通貨市場の資金が、株式市場へ流入する可能性があります」(株式アナリストの櫻井英明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る