解任の前兆か トランプが特別検察官をツイッターで猛批判

公開日:  更新日:

 トランプ米大統領が18日、ツイッターにロシア疑惑を調査しているモラー特別検察官を非難する書き込みを初投稿。モラー解任の前兆ではないかとの観測が強まっている。

 捜査チームはモラーのほか17人の司法関係者で構成される。トランプは「モラーのチームには、13人の強硬派の民主党支持者がいるが、共和党支持者はゼロなのはなぜだ? 民主党支持者の中には悪党のヒラリーの支持者もいる。さらに民主が増えそうだ……みんな、これが公平だと思うか?」などとツイート。

 これを受け、与野党の議員からモラーを解任すべきではないとの声が相次いだ。民主党のシューマー上院院内総務は、ツイートは「モラーの捜査を頓挫させることを狙った観測気球だ」と指摘し、「モラー解任は、米国の民主主義が越えてはならないレッドラインだ」と強調した。

 “身内”共和党のランクフォード上院議員もABCテレビの番組で「ホワイトハウスはこれまでに10回以上、モラーを解任しないと言ってきた。捜査を完了できるようにすべきだ」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る