• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ITサポートを呼び水に 「ルノアール」8期連続売上高更新へ

 人気のコーヒーチェーンといえば、スターバックスやブルーボトルなど海外勢ばかり。昭和ブームとはいっても、コーヒーをネルドリップで抽出するような昭和の喫茶店はすたれている。ところが、1964年創業のルノアールは、好調だ。

 昨年3月期の売上高は約76億5000万円で、今期も通期の経常利益が前期を上回る見通し。8年連続で過去最高の売上高を更新する勢いだ。

 ルノアールは複数の業態を展開するが、定番の喫茶室ルノアールのコーヒー各種は1杯600円前後。サイズや種類にもよるが、スタバより高いかもしれない。売上高で日本最高といわれるスタバは昨年9月期に6年ぶりに営業減益になったことが話題を呼んだ。ルノアールの強さは、どこにあるのか。ライターのいからしひろき氏が言う。

「たとえば、私がよく利用する新宿三丁目店は、地下鉄のコンコースに直結する利便性です。立地の良さが一つ。都心なら主要駅の近くには、必ずありますから、打ち合わせや待ち合わせには、便利です。昔ながらのビロード地のソファは座り心地がよく、席はゆとりある配置で、落ち着いて話をできるのもいい。この点は、ビジネス利用には大きいでしょう。ドリンクを飲み終えた後の緑茶サービスにもホッとします。マニュアルでも、そんな心遣いは『お疲れさまです』といわれているようでうれしい。結局、ネット社会といっても、リアルの世界では、居心地のよさが第一で、それが業績に結びついているのです」

 Wi―Fiや携帯の充電が無料なのは、居心地の良さを知ってもらうための呼び水だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る