ITサポートを呼び水に 「ルノアール」8期連続売上高更新へ

公開日:

 人気のコーヒーチェーンといえば、スターバックスやブルーボトルなど海外勢ばかり。昭和ブームとはいっても、コーヒーをネルドリップで抽出するような昭和の喫茶店はすたれている。ところが、1964年創業のルノアールは、好調だ。

 昨年3月期の売上高は約76億5000万円で、今期も通期の経常利益が前期を上回る見通し。8年連続で過去最高の売上高を更新する勢いだ。

 ルノアールは複数の業態を展開するが、定番の喫茶室ルノアールのコーヒー各種は1杯600円前後。サイズや種類にもよるが、スタバより高いかもしれない。売上高で日本最高といわれるスタバは昨年9月期に6年ぶりに営業減益になったことが話題を呼んだ。ルノアールの強さは、どこにあるのか。ライターのいからしひろき氏が言う。

「たとえば、私がよく利用する新宿三丁目店は、地下鉄のコンコースに直結する利便性です。立地の良さが一つ。都心なら主要駅の近くには、必ずありますから、打ち合わせや待ち合わせには、便利です。昔ながらのビロード地のソファは座り心地がよく、席はゆとりある配置で、落ち着いて話をできるのもいい。この点は、ビジネス利用には大きいでしょう。ドリンクを飲み終えた後の緑茶サービスにもホッとします。マニュアルでも、そんな心遣いは『お疲れさまです』といわれているようでうれしい。結局、ネット社会といっても、リアルの世界では、居心地のよさが第一で、それが業績に結びついているのです」

 Wi―Fiや携帯の充電が無料なのは、居心地の良さを知ってもらうための呼び水だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る