売上高236億円 崎陽軒の「シウマイ弁当」なぜ盤石なのか?

公開日:

 創業110周年の崎陽軒は、元駅長らが駅構内での営業許可を取ったのが始まり。それから20年後、「東京に近い横浜でも売れる名物を」と試行錯誤の末誕生したのが、シウマイだ。当時の代表の栃木なまりゆえ、シウマイ表記になったという。

 そんな老舗のシウマイ弁当は、駅弁市場が右肩下がりでも、なんのその。2017年2月期の売上高は、過去最高を更新する235億9000万円だ。

 ブランド牛を使用した焼き肉弁当や北海道直送の魚介をメインに据えた海鮮丼など、駅弁は豪華になる一方。シウマイ弁当が盤石なのはなぜか。B級グルメ王・柳生九兵衛氏が言う。

「一つは、おかずの種類が多いこと。主役のシウマイ5個のほかにマグロの照り焼き、鶏の唐揚げ、卵焼き、タケノコ煮、カマボコなどがギッシリ詰まっています。ご飯は8つに区切られていますから、それぞれにおかず一つを割り当てると、おかずが余る。こんな弁当ありません。多くは、ご飯が7割ですから。それが1個830円はお得で、もはや“幕の内弁当”です。しかも添加物フリーで冷めてもおいしい。豪華な焼き肉弁当は味が単調で、おかずが少ないから飽きやすい。シウマイ弁当の勝利です」

 おかず一つ一つは、サイズが小さく、子供も女性も食べやすい。仕事帰りの方ならビールのツマミにもなる。世代や性別を問わず、手に取りやすいのが強さの秘密だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る