• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

旧ソ連製の老機 北朝鮮“エアフォース・ウン”の本当の実力

 旧ソ連時代のポンコツ飛行機、シンガポールに着くまでに落ちるんじゃないか――。6月12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談。その移動で金正恩朝鮮労働党委員長が乗る北朝鮮の政府専用機が話題に上っている。

 ワシントン・ポスト紙が米大統領専用機「エアフォース・ワン」になぞらえて「エアフォース・ウン」と呼ぶこの旧型飛行機は、1963年に旧ソ連で生産が始まり、93年に製造が中止されたイリューシン62の改良型(IL62M)。新幹線でいえば初代の0系に相当するかなりの年代モノだ。

 日本のメディアの多くは「エンジン音がうるさい」「北朝鮮は貧乏で新しい飛行機も買えない」と酷評。ネット上もおおむね同じ論調で、「万景峰号で来た方がいいんじゃないか」と皮肉る声もある。

 だが、これらの批判は飛行機に無知な人の話。こと安全面から見れば、金正恩は米国政府並みの危機管理ができているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る