旧ソ連製の老機 北朝鮮“エアフォース・ウン”の本当の実力

公開日:  更新日:

 旧ソ連時代のポンコツ飛行機、シンガポールに着くまでに落ちるんじゃないか――。6月12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談。その移動で金正恩朝鮮労働党委員長が乗る北朝鮮の政府専用機が話題に上っている。

 ワシントン・ポスト紙が米大統領専用機「エアフォース・ワン」になぞらえて「エアフォース・ウン」と呼ぶこの旧型飛行機は、1963年に旧ソ連で生産が始まり、93年に製造が中止されたイリューシン62の改良型(IL62M)。新幹線でいえば初代の0系に相当するかなりの年代モノだ。

 日本のメディアの多くは「エンジン音がうるさい」「北朝鮮は貧乏で新しい飛行機も買えない」と酷評。ネット上もおおむね同じ論調で、「万景峰号で来た方がいいんじゃないか」と皮肉る声もある。

 だが、これらの批判は飛行機に無知な人の話。こと安全面から見れば、金正恩は米国政府並みの危機管理ができているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る