旧ソ連製の老機 北朝鮮“エアフォース・ウン”の本当の実力

公開日:  更新日:

 旧ソ連時代のポンコツ飛行機、シンガポールに着くまでに落ちるんじゃないか――。6月12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談。その移動で金正恩朝鮮労働党委員長が乗る北朝鮮の政府専用機が話題に上っている。

 ワシントン・ポスト紙が米大統領専用機「エアフォース・ワン」になぞらえて「エアフォース・ウン」と呼ぶこの旧型飛行機は、1963年に旧ソ連で生産が始まり、93年に製造が中止されたイリューシン62の改良型(IL62M)。新幹線でいえば初代の0系に相当するかなりの年代モノだ。

 日本のメディアの多くは「エンジン音がうるさい」「北朝鮮は貧乏で新しい飛行機も買えない」と酷評。ネット上もおおむね同じ論調で、「万景峰号で来た方がいいんじゃないか」と皮肉る声もある。

 だが、これらの批判は飛行機に無知な人の話。こと安全面から見れば、金正恩は米国政府並みの危機管理ができているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る