部下が上司イジメ…“逆パワハラ”は法律も守ってくれない?

公開日:

 セクハラやパワハラが世間を騒がせているが、加害者は「事務次官」のような“権力者”だけとは限らない。最近は、部下による「逆パワハラ」に苦しむ上司も増えているという。

「『例の企画書、期限は大丈夫?』などと、上司から何度も念を押された部下が、『だったら、あんたがやれよ』と逆ギレする。そんな光景は珍しくない。もちろん、日頃からチクチクと嫌みを言われたストレスが爆発するケースもあります。ですが、上司がおとなしくて反論しないことをいいことに暴言を吐いたり、あの先輩は仕事できないから何を言ってもいいだろうと、ストレス発散のはけ口にするケースもあります」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

 厚労省が2012年度にまとめた報告書によると、加害者と被害者の関係は「上司から部下」が78%を占めたが、「後輩から先輩」も1・6%、「部下から上司」も1・3%あった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る