部下が上司イジメ…“逆パワハラ”は法律も守ってくれない?

公開日: 更新日:

 セクハラやパワハラが世間を騒がせているが、加害者は「事務次官」のような“権力者”だけとは限らない。最近は、部下による「逆パワハラ」に苦しむ上司も増えているという。

「『例の企画書、期限は大丈夫?』などと、上司から何度も念を押された部下が、『だったら、あんたがやれよ』と逆ギレする。そんな光景は珍しくない。もちろん、日頃からチクチクと嫌みを言われたストレスが爆発するケースもあります。ですが、上司がおとなしくて反論しないことをいいことに暴言を吐いたり、あの先輩は仕事できないから何を言ってもいいだろうと、ストレス発散のはけ口にするケースもあります」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

 厚労省が2012年度にまとめた報告書によると、加害者と被害者の関係は「上司から部下」が78%を占めたが、「後輩から先輩」も1・6%、「部下から上司」も1・3%あった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る