米朝首脳会談で市場安堵も…新たに浮上する地政学リスク

公開日:

 市場の最大の関心事だった米朝首脳会談が12日、無事終わった。会談の行方次第では、株価暴落もあり得ただけに、市場に安堵感が漂っている。米朝の軍事衝突という地政学リスクも後退し、日経平均は13日も続伸、2万2966円で引けた。

「7月中旬ごろまで株高傾向は続くと思っています。その間に、終値ベースの年初来高値2万4124円に届くかどうかがポイントでしょう。ここを抜ければ力強い相場が期待できます」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 7月中旬ごろから企業の決算発表(第1四半期=4~6月期)が始まり、市場は神経質な動きになる。それまで上昇相場が続く可能性は高いというのだ。大手証券が予想する18年度の経常増益率(大手企業)は8%台。野村は8.7%、大和は8.3%、SMBC日興は8.8%となっている。

「企業業績を考慮すると、株価は8~9%の上昇が見込めます。日経平均にあてはめると、2万5000円近辺です。不安要素だった米朝首脳会談を乗り越えたことで、市場は明るい材料に目を向けるようになっています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る