• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都心の優良物件所有 大手新聞社がホテル事業に活路のワケ

 2017年の訪日外国人旅行者は前年比19.3%増の2800万人。今年に入っても2桁の伸びは続き、18年4月の訪日外国人旅行者数は前月比12.5%増の290万人。1月からの累計では1051万人と、過去最速で1000万人を超えた。

 こうした外国人観光客の増加に伴い、ホテルの開発計画が急増している。現在開発中(17年12月1日現在)のホテルは716軒、客室は10万6215室(「週刊ホテルレストラン」調べ)。前年の7万2000室からわずか1年で約3万室が増えたことになる。

 ホテルの開発といえば鉄道系や不動産ディベロッパー、ホテル専門業者の専門だった。ところがここにきて大手新聞社がホテル事業に参入し、ホテル開発競争が過熱している。

 東京商工リサーチ情報部の松岡政敏課長が新聞社のホテル事業への参入をこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る