窪田製薬HD・窪田良社長<4>オール・オア・ナッシングです

公開日:

 創薬ベンチャー「窪田製薬ホールディングス」の創業社長、窪田良はもともと慶大医学部を卒業した優秀な眼科医である。2年前の5月まで、加齢黄斑変性の特効薬として期待されたエミクススタト塩酸塩にすべてをかけていた。ところがその賭けに敗れたことで、それまでの努力は水泡に帰した。スポンサーも離れていく。普通ならここで諦めても不思議はない。

「臨床試験の結果がダメだとわかってからも、やめようとは思わなかったですね。創薬ベンチャーとはそういうものです。何しろ製品化にいたる確率は3万分の1ですから。幸い当社には、株式上場などで得た100億円以上の手元資金があります。これは創薬ベンチャーとしては非常に恵まれています。この資金で、次の可能性を追求します」

 エミクススタトにしても、加齢黄斑変性には効果がなかったものの、糖尿病が原因で視力が低下する糖尿病網膜症や、遺伝性の若年性黄斑変性であるスターガルト病に対しての効果が期待できる。スターガルト病を対象とする臨床試験は今年度内にフェーズ3を始める予定だ。また、ラノステロール類縁化合物という、白内障の混濁を解消する可能性がある薬も開発中だ。白内障は手術で治療できるが、薬で治療することができれば体への負担ははるかに小さいため、白内障患者には福音となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る