窪田製薬HD・窪田良社長<4>オール・オア・ナッシングです

公開日: 更新日:

 創薬ベンチャー「窪田製薬ホールディングス」の創業社長、窪田良はもともと慶大医学部を卒業した優秀な眼科医である。2年前の5月まで、加齢黄斑変性の特効薬として期待されたエミクススタト塩酸塩にすべてをかけていた。ところがその賭けに敗れたことで、それまでの努力は水泡に帰した。スポンサーも離れていく。普通ならここで諦めても不思議はない。

「臨床試験の結果がダメだとわかってからも、やめようとは思わなかったですね。創薬ベンチャーとはそういうものです。何しろ製品化にいたる確率は3万分の1ですから。幸い当社には、株式上場などで得た100億円以上の手元資金があります。これは創薬ベンチャーとしては非常に恵まれています。この資金で、次の可能性を追求します」

 エミクススタトにしても、加齢黄斑変性には効果がなかったものの、糖尿病が原因で視力が低下する糖尿病網膜症や、遺伝性の若年性黄斑変性であるスターガルト病に対しての効果が期待できる。スターガルト病を対象とする臨床試験は今年度内にフェーズ3を始める予定だ。また、ラノステロール類縁化合物という、白内障の混濁を解消する可能性がある薬も開発中だ。白内障は手術で治療できるが、薬で治療することができれば体への負担ははるかに小さいため、白内障患者には福音となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る