窪田製薬HD・窪田良社長<4>オール・オア・ナッシングです

公開日:

 創薬ベンチャー「窪田製薬ホールディングス」の創業社長、窪田良はもともと慶大医学部を卒業した優秀な眼科医である。2年前の5月まで、加齢黄斑変性の特効薬として期待されたエミクススタト塩酸塩にすべてをかけていた。ところがその賭けに敗れたことで、それまでの努力は水泡に帰した。スポンサーも離れていく。普通ならここで諦めても不思議はない。

「臨床試験の結果がダメだとわかってからも、やめようとは思わなかったですね。創薬ベンチャーとはそういうものです。何しろ製品化にいたる確率は3万分の1ですから。幸い当社には、株式上場などで得た100億円以上の手元資金があります。これは創薬ベンチャーとしては非常に恵まれています。この資金で、次の可能性を追求します」

 エミクススタトにしても、加齢黄斑変性には効果がなかったものの、糖尿病が原因で視力が低下する糖尿病網膜症や、遺伝性の若年性黄斑変性であるスターガルト病に対しての効果が期待できる。スターガルト病を対象とする臨床試験は今年度内にフェーズ3を始める予定だ。また、ラノステロール類縁化合物という、白内障の混濁を解消する可能性がある薬も開発中だ。白内障は手術で治療できるが、薬で治療することができれば体への負担ははるかに小さいため、白内障患者には福音となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る