有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

ネットバブル崩壊<下>大暴落の引き金を引いた「光通信」株

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの孫正義と光通信の重田康光の2人の社長に、株式上場を目指す若手ベンチャー起業家たちは憧れた。

 携帯電話の販売会社、光通信の株価の急騰が重田に巨万の富をもたらした。1999年の東証1部銘柄の年間株式ランキングで、光通信が上位を独占した。

 株価21万6000円は額面50円の銘柄の株価でトップ。値上がり率も1位。時価総額6兆3419億円は並み居る日本のビッグビジネスを押しのけ、堂々の10位に輝いた。

 重田は光通信株式を本人名義で617万3000株(発行済み株式の20・8%)、資産管理会社の光パワー名義で1419万6000株(同47・8%)持っていた。保有株が1年間で、およそ40倍に高騰した。

 2000年1月27日付の豪州の新聞「ジ・オーストラリアン(ビジネス)」に掲載された00年版の「アジアの長者100人」で、孫(推定資産380億ドル=約4兆円=当時の為替換算)に次いで、重田が第2位にランクインした。資産は300億ドル(同約3兆1500億円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る