• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

ネットバブル崩壊<下>大暴落の引き金を引いた「光通信」株

 ソフトバンクの孫正義と光通信の重田康光の2人の社長に、株式上場を目指す若手ベンチャー起業家たちは憧れた。

 携帯電話の販売会社、光通信の株価の急騰が重田に巨万の富をもたらした。1999年の東証1部銘柄の年間株式ランキングで、光通信が上位を独占した。

 株価21万6000円は額面50円の銘柄の株価でトップ。値上がり率も1位。時価総額6兆3419億円は並み居る日本のビッグビジネスを押しのけ、堂々の10位に輝いた。

 重田は光通信株式を本人名義で617万3000株(発行済み株式の20・8%)、資産管理会社の光パワー名義で1419万6000株(同47・8%)持っていた。保有株が1年間で、およそ40倍に高騰した。

 2000年1月27日付の豪州の新聞「ジ・オーストラリアン(ビジネス)」に掲載された00年版の「アジアの長者100人」で、孫(推定資産380億ドル=約4兆円=当時の為替換算)に次いで、重田が第2位にランクインした。資産は300億ドル(同約3兆1500億円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る