• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

全国紙の経済記者を経て独立。豊富な人脈と経験、知識を生かし、経済事件の裏側をえぐったり、経営者を論評する名著が多い。「企業舎弟 闇の抗争」「創業家物語」「ネットバブル」など。経済記者の大御所である。

ネットバブル崩壊<下>大暴落の引き金を引いた「光通信」株

 ソフトバンクの孫正義と光通信の重田康光の2人の社長に、株式上場を目指す若手ベンチャー起業家たちは憧れた。

 携帯電話の販売会社、光通信の株価の急騰が重田に巨万の富をもたらした。1999年の東証1部銘柄の年間株式ランキングで、光通信が上位を独占した。

 株価21万6000円は額面50円の銘柄の株価でトップ。値上がり率も1位。時価総額6兆3419億円は並み居る日本のビッグビジネスを押しのけ、堂々の10位に輝いた。

 重田は光通信株式を本人名義で617万3000株(発行済み株式の20・8%)、資産管理会社の光パワー名義で1419万6000株(同47・8%)持っていた。保有株が1年間で、およそ40倍に高騰した。

 2000年1月27日付の豪州の新聞「ジ・オーストラリアン(ビジネス)」に掲載された00年版の「アジアの長者100人」で、孫(推定資産380億ドル=約4兆円=当時の為替換算)に次いで、重田が第2位にランクインした。資産は300億ドル(同約3兆1500億円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る