朝青龍にも秋田犬「マサオ」贈呈 ザギトワの愛犬のいとこ

公開日: 更新日:

 平昌冬季五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)に贈られて注目を集めた秋田犬「マサル」。そのいとこにあたる子犬が、今度は元横綱の朝青龍(37)に贈られることになった。

 秋田県大館市で先月生まれた赤毛のオスで、名前は秋田犬保存会の遠藤敬会長が「マサオ」と命名。

 朝青龍は現在、日本とモンゴルの関係強化を担う大統領特使として活動中だ。2020年東京五輪・パラリンピックの参加国・地域と相互交流を図る「ホストタウン」で、モンゴルが東京・武蔵村山市の相手国になったことを受け、地元選出の木原誠二衆院議員らが贈呈を企画。保存会が関係者を通じて朝青龍に話を持ちかけ、話がまとまった。

 来月、直接、朝青龍に手渡される予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る