朝青龍にも秋田犬「マサオ」贈呈 ザギトワの愛犬のいとこ

公開日: 更新日:

 平昌冬季五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)に贈られて注目を集めた秋田犬「マサル」。そのいとこにあたる子犬が、今度は元横綱の朝青龍(37)に贈られることになった。

 秋田県大館市で先月生まれた赤毛のオスで、名前は秋田犬保存会の遠藤敬会長が「マサオ」と命名。

 朝青龍は現在、日本とモンゴルの関係強化を担う大統領特使として活動中だ。2020年東京五輪・パラリンピックの参加国・地域と相互交流を図る「ホストタウン」で、モンゴルが東京・武蔵村山市の相手国になったことを受け、地元選出の木原誠二衆院議員らが贈呈を企画。保存会が関係者を通じて朝青龍に話を持ちかけ、話がまとまった。

 来月、直接、朝青龍に手渡される予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

もっと見る