• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京はもう梅雨明け 兜町で物色される「猛暑関連20銘柄」

 まだ6月だというのに、29日関東甲信地方の梅雨明けが発表された。6月中に梅雨が明けるのは、統計を開始した1951年以降、初めてのことだ。平年より22日も早い。

 すでに東京都心部では25日以降、5日連続で最高気温が30度以上になるなど、真夏のような暑さが続いている。都心で6月に5日連続して真夏日となるのは13年ぶりだ。全国的にも、一気に気温が上昇している。29日、最高気温が35度以上となった猛暑日地点数は全国31に達し、山形市と埼玉県寄居町では37.5度を記録した。まだ6月なのにこの暑さ。

 今年の特徴は、夏が早く始まっただけでなく、7月、8月、9月と丸々3カ月間、猛暑が続く可能性が高いことだ。

「6月28日に気象庁が発表した1カ月予報では、『気温が高い。とくに前半は暑い』となっています。7月の都心の最高気温の平均は30.1度です。それと比べて『高い』ということは、かなり暑いということです。8月、9月の予報も『気温は平年並みか、高い』となっています。8月の最高気温の平均は31度です。それよりも暑くなる可能性が高いと考えて下さい」(気象庁)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る