側近ノーチェック…トランプは各国指導者と勝手に電話会談

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領にルールは通用しないようだ。

 昨年1月の就任直後に世界各国の指導者に個人の携帯電話番号を教え、自分勝手に一対一の電話会談を繰り返していた。ホワイトハウスの高官たちも全く知らず、ノーチェックの状態だったという。米紙ワシントン・ポスト(7日付)が、米政府当局者らの話として報じた。

 積極的にトランプ大統領と電話会談を行っていたのが、カナダのトルドー首相。昨年4月、貿易問題などを何度も話し合い、トランプ大統領側近はカナダ政府が首脳会談の要旨公表後にその事実を知り仰天したという。

 米大統領と世界の指導者との電話会談は通常、十分な事前準備を行い、記録管理に関する米連邦法の規定に従い、ホワイトハウスの情報管理センターが取り仕切る。トランプ大統領の超ワンマンぶりが改めて浮き彫りになった形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る