• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お茶女がトランスジェンダー受け入れ 望ましい確認方法は

 私大の不祥事が連発している中で、明るいニュースだ。10日、国立大のお茶の水女子大が発表したトランスジェンダー学生の受け入れ措置。2020年4月から学部と大学院で、戸籍上は男性でも自身の性別を女性と認識するトランスジェンダー学生の入学を認める方針を打ち出したのだ。

 同大の室伏きみ子学長は会見で、受け入れについて「自然なこと」「当然」などと説明。出願資格を「女子」から「戸籍または性自認が女子の場合」に変更し、受験生には事前申告してもらい確認するという。

■大学側のメリットは

 疑問なのは、「心が女性」かどうかをどうやって“確認”するかということ。今回の決定を巡ってネット上では、<喜ばしい><共学化でいいのでは><どう見分けるのか>などと賛否両論でている。

 他の女子大も受け入れを検討している中、お茶女がモデルケースになるだけに、今後の対応が注目される。自身もトランスジェンダーで、LGBT(性的少数者)の啓蒙活動などを行う「ニューキャンバス」代表の杉山文野氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る