お茶女がトランスジェンダー受け入れ 望ましい確認方法は

公開日:

 私大の不祥事が連発している中で、明るいニュースだ。10日、国立大のお茶の水女子大が発表したトランスジェンダー学生の受け入れ措置。2020年4月から学部と大学院で、戸籍上は男性でも自身の性別を女性と認識するトランスジェンダー学生の入学を認める方針を打ち出したのだ。

 同大の室伏きみ子学長は会見で、受け入れについて「自然なこと」「当然」などと説明。出願資格を「女子」から「戸籍または性自認が女子の場合」に変更し、受験生には事前申告してもらい確認するという。

■大学側のメリットは

 疑問なのは、「心が女性」かどうかをどうやって“確認”するかということ。今回の決定を巡ってネット上では、<喜ばしい><共学化でいいのでは><どう見分けるのか>などと賛否両論でている。

 他の女子大も受け入れを検討している中、お茶女がモデルケースになるだけに、今後の対応が注目される。自身もトランスジェンダーで、LGBT(性的少数者)の啓蒙活動などを行う「ニューキャンバス」代表の杉山文野氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る