否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

公開日: 更新日:

 “アベ友”として知られる自民党の古屋圭司衆院議院運営委員長(岐阜5区)の事務所の政治資金規正法違反(虚偽記載)疑惑。古屋氏は18日、疑惑を否定する文書を国会に提出し、記者団にも説明した。

 これが逆に疑惑を深めているのだからオソマツだ。

 古屋氏が代表を務める資金管理団体「政圭会」が2016年7月に開いたパーティーの収入に関して、事務所は手書きノートの裏帳簿で収入などを管理。

 実際には1188万円の収入があったが、政治資金収支報告書に642万円と記載したとの疑惑が浮上している。朝日新聞が17日付朝刊でスクープした。

 古屋氏は18日、「ノートは秘書がパーティー券の配布枚数を記録したもの。(実際に入金された金額とされる)丸で囲まれた数字と、通帳などへの個々の入金額が一致しないものが確認できた」と説明。「過少申告の事実はない」と胸を張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る