• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

21LADY<上>株主総会で“社長解任”ささやかれる仕掛け人とは

 シュークリームで知られる洋菓子のヒロタ、北欧の輸入雑貨販売のイルムスジャパンを運営する名証セントレックス上場の21LADY(トゥエニーワンレイディ)の広野(藤井)道子社長(57)が、6月27日の株主総会で解任された。創業社長のクビが飛んだことになる。

 同社が株主総会後に東海財務局に提出した臨時報告書によると、会社側が出した取締役4人の選任議案で、社長の広野(藤井)道子は43.50%の賛成しか得られず再任されなかった。

 社外取締役で投資ファンド、サイアムライジングインベストメント1号合同会社(東京都千代田区)代表社員の米道利成(52)は97.17%の賛成で再任。他の2人の常勤役員も各97.29%という高率で再任された。

 サイアム合同会社が株主提案した3人の社外取締役は、いずれも賛成55.59%で選任された。この結果、6人の取締役のうち、サイアム側が4人と多数を占め、米道が社長に就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る