有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

21LADY<上>株主総会で“社長解任”ささやかれる仕掛け人とは

公開日:

 シュークリームで知られる洋菓子のヒロタ、北欧の輸入雑貨販売のイルムスジャパンを運営する名証セントレックス上場の21LADY(トゥエニーワンレイディ)の広野(藤井)道子社長(57)が、6月27日の株主総会で解任された。創業社長のクビが飛んだことになる。

 同社が株主総会後に東海財務局に提出した臨時報告書によると、会社側が出した取締役4人の選任議案で、社長の広野(藤井)道子は43.50%の賛成しか得られず再任されなかった。

 社外取締役で投資ファンド、サイアムライジングインベストメント1号合同会社(東京都千代田区)代表社員の米道利成(52)は97.17%の賛成で再任。他の2人の常勤役員も各97.29%という高率で再任された。

 サイアム合同会社が株主提案した3人の社外取締役は、いずれも賛成55.59%で選任された。この結果、6人の取締役のうち、サイアム側が4人と多数を占め、米道が社長に就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る