有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

21LADY<上>株主総会で“社長解任”ささやかれる仕掛け人とは

公開日: 更新日:

 シュークリームで知られる洋菓子のヒロタ、北欧の輸入雑貨販売のイルムスジャパンを運営する名証セントレックス上場の21LADY(トゥエニーワンレイディ)の広野(藤井)道子社長(57)が、6月27日の株主総会で解任された。創業社長のクビが飛んだことになる。

 同社が株主総会後に東海財務局に提出した臨時報告書によると、会社側が出した取締役4人の選任議案で、社長の広野(藤井)道子は43.50%の賛成しか得られず再任されなかった。

 社外取締役で投資ファンド、サイアムライジングインベストメント1号合同会社(東京都千代田区)代表社員の米道利成(52)は97.17%の賛成で再任。他の2人の常勤役員も各97.29%という高率で再任された。

 サイアム合同会社が株主提案した3人の社外取締役は、いずれも賛成55.59%で選任された。この結果、6人の取締役のうち、サイアム側が4人と多数を占め、米道が社長に就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る