東京五輪の「演出責任者」に狂言師・野村萬斎が就任のワケ

公開日:

 総合責任者が狂言師とは、意外な人選だ。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が30日、オリパラ開閉会式の計4式典を統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(チーフECD)」に狂言師の野村萬斎(52)が就任すると発表した。

 野村は昨年発足した「4式典総合プランニングチーム」のメンバー。「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる映画監督の山崎貴、リオ五輪で「安倍マリオ」を演出したクリエーティブディレクターの佐々木宏、歌手の椎名林檎ら開閉会式の演出プランを作成するチーム8人の中で、野村が総合責任者に抜擢された理由は何か。

「組織委の森喜朗会長の後押しがあったと聞きます。野村さんは、組織委の『文化・教育委員会』のメンバーにも選ばれている。五輪の開閉会式で日本の伝統文化を発信するアイデアを出し合う目的で2015年に発足し、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんやEXILEのHIROさんらも委員を務めていますが、野村さんはクリーンなイメージで、伝統芸能の担い手として日本文化を発信するのにふさわしい人。演出チームのトップにおさまりがいいと森会長のお気に入りなのです。また、馳浩元文科相の縁戚にあたるそうで、森会長と良好な関係を築いています」(文科省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る