東京五輪の「演出責任者」に狂言師・野村萬斎が就任のワケ

公開日: 更新日:

 総合責任者が狂言師とは、意外な人選だ。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が30日、オリパラ開閉会式の計4式典を統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(チーフECD)」に狂言師の野村萬斎(52)が就任すると発表した。

 野村は昨年発足した「4式典総合プランニングチーム」のメンバー。「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる映画監督の山崎貴、リオ五輪で「安倍マリオ」を演出したクリエーティブディレクターの佐々木宏、歌手の椎名林檎ら開閉会式の演出プランを作成するチーム8人の中で、野村が総合責任者に抜擢された理由は何か。

「組織委の森喜朗会長の後押しがあったと聞きます。野村さんは、組織委の『文化・教育委員会』のメンバーにも選ばれている。五輪の開閉会式で日本の伝統文化を発信するアイデアを出し合う目的で2015年に発足し、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんやEXILEのHIROさんらも委員を務めていますが、野村さんはクリーンなイメージで、伝統芸能の担い手として日本文化を発信するのにふさわしい人。演出チームのトップにおさまりがいいと森会長のお気に入りなのです。また、馳浩元文科相の縁戚にあたるそうで、森会長と良好な関係を築いています」(文科省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る