3敗でも“金”&箱モノ行政に利用…東京五輪野球に価値は?

公開日:

「これで何が金メダルなのか。ふざけるなと言いたいですね」

 先日、正式に決定した20年東京五輪の野球、ソフトボールの大会方式について、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は怒りを込めてこう言った。

 この方式は3カ国ずつ2組が1次リーグで総当たり戦を行った後に、10試合の変則的な決勝トーナメントを行うというものだが、問題は金メダルまでの道のりだ。1次から5戦全勝すれば金メダルとなる一方で、1次で2戦全敗して3位に終わってもなお、金の可能性は残る。敗者復活戦が多く組まれたことで、最高7試合で4勝3敗でも金メダルが取れるのだ。

 過去の五輪は地区予選を勝ち抜いた8カ国が出場。総当たりの予選を行い、上位4カ国が決勝トーナメントに進出していた。事実上、1次リーグの勝敗が度外視される大会の金メダルにどれほどの価値があるというのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る