有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

 30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし、取材・執筆活動中。「カルロス・ゴーン『経営神話』の自壊」(「月刊現代」2004年9月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号=最終号)などを執筆。ゴーン会長の欺瞞性を鋭い筆致でえぐり出した。この仕事ぶりが、今、再び脚光を浴びている。

JAL倒産<上>民主党政権が「実績」づくりに利用したのか

公開日:

 日本航空(JAL)破綻の直接の引き金になったのは、2008年のリーマン・ショックがもたらした世界規模での金融危機だった。ビジネスマンの往来が減った上に、観光客も少なくなり、エアラインの利用客が激減した。JALの09年3月期の最終損益は630億円の赤字。09年4~9月期の最終赤字は1312億円と雪ダルマを転がすように膨らんだ。

 実は、08年の原油価格の乱高下で、JALは2000億円の燃料のデリバティブ(金融派生商品)損失を出した。この損失が資金繰り悪化の一因になったと、後々、指摘された。

「ナショナルフラッグは絶対に潰れない。必ず国が助けてくれる」(JALの当時の首脳陣)

“親方日の丸”の甘えが組織の隅々にまで染みわたっていた。こうした企業体質だったから、経済環境の激変に耐えられなかった。JAL“倒産”の真の原因はここにあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る