米NPOが製法公開 「3Dプリンター銃」日本では誰が造るのか

公開日:

 米国の3Dプリンター銃製造が物議を醸している。テキサス州のNPO団体が、8月1日から3Dプリンターでプラスチック製の拳銃を造る方法をネットで無料公開すると発表したのだ。

 この団体は5年前にも製造法を公開して差し止めにあったが、今回は軍事用の銃でないことを条件に米政府と和解したという。政府のお墨付きを得た格好だ。

 米国の市民が気軽に銃を造れるようになれば、何者かが日本の暴力団のために密輸する可能性もある。

 プラスチック製で金属探知機に反応しにくいとされるため簡単に手荷物検査を通過できそうだが、銃器犯罪評論家の津田哲也氏は「暴力団は本物の銃を船便で密輸するルートを確保しているので今さら3Dプリンター銃に手を出さないでしょう」と言う。

「心配なのは日本国内のガンマニアです。以前に比べて3Dプリンターの機械が安価に買える上に設計データをネットで入手できるのだから、実際に造る人も出てくるはず。3Dプリンターの機械さえあれば、1丁当たり数万円で製造できると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る