• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

銃撃戦で父が殉職…5歳息子を励ました地元警察の行動とは

 米インディアナ州テレホートで、サリバン小学校に通うダコタ・ピット君(5)は今月4日、父親のロブさんを亡くした。テレホート市警に勤続していたロブさんは、殺人事件の容疑者と銃撃戦になり、殉職したのだ。

 地元テレビ局WTHI(14日付電子版)によると、ダコタ君は14日、ロブさんが亡くなってから初めて登校したが、その前に「誰かパパの友達が一緒に学校に行ってくれないかな」と母親につぶやいたいう。その話が何らかの経緯でテレホート市警の知るところとなった。

 そして当日、ダコタ君が父親の警察バッジをTシャツにつけて登校すると、小学校の前には警察官がずらりと整列していた。テレホート市警はもちろん、テレホートがあるビーゴ郡の保安官事務所の職員、SWATチームのメンバーら約70人が集まったのだ。

 ダコタ君がやってくると、全員が拍手で出迎えた。警察官の1人は「よく戻ってきたね」と声をかけ、完全武装のSWATチームが、SWATのバッジとシャツをダコタ君にプレゼントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る