銃撃戦で父が殉職…5歳息子を励ました地元警察の行動とは

公開日:

 米インディアナ州テレホートで、サリバン小学校に通うダコタ・ピット君(5)は今月4日、父親のロブさんを亡くした。テレホート市警に勤続していたロブさんは、殺人事件の容疑者と銃撃戦になり、殉職したのだ。

 地元テレビ局WTHI(14日付電子版)によると、ダコタ君は14日、ロブさんが亡くなってから初めて登校したが、その前に「誰かパパの友達が一緒に学校に行ってくれないかな」と母親につぶやいたいう。その話が何らかの経緯でテレホート市警の知るところとなった。

 そして当日、ダコタ君が父親の警察バッジをTシャツにつけて登校すると、小学校の前には警察官がずらりと整列していた。テレホート市警はもちろん、テレホートがあるビーゴ郡の保安官事務所の職員、SWATチームのメンバーら約70人が集まったのだ。

 ダコタ君がやってくると、全員が拍手で出迎えた。警察官の1人は「よく戻ってきたね」と声をかけ、完全武装のSWATチームが、SWATのバッジとシャツをダコタ君にプレゼントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る