米NPOが製法公開 「3Dプリンター銃」日本では誰が造るのか

公開日:

 津田氏によると、3Dプリンター銃は外枠を強化プラスチックで造り、弾丸が通るバレルや薬室、撃鉄などは鉄で造る。22口径(直径5.5ミリ)や25口径(同6ミリ)程度の小型の弾丸なら、それほど特殊な金属でなくても発射に耐えられるという。

■弾丸は加工・自作

 実弾が入手できなければモデルガンの弾丸を使って自作する人も出てくるだろう。弾丸をドリルなどで加工して薬莢代わりにし、内部に火薬を詰めて弾丸の尻の部分に紙火薬をセロテープで止めて装填するのだ。紙火薬を撃鉄が叩いて内部の火薬が爆発すれば弾丸が撃ち出される。

「薬莢の内部に工業用の丸いベアリングを入れて弾丸として飛ばすのです。まっすぐ飛ぶ能力は低いものの、数メートルの距離から人間に当たると22~25口径弾くらいの殺傷能力はある。日本人は器用なので高精度の銃を造れるでしょう。引きこもり気味のガンマニアが造って殺傷事件を起こしはしないかと心配です」(津田哲也氏)

 2014年5月には3Dプリンター銃を製作した大学職員が神奈川県警に逮捕される事件が起きた。今回のデータ公開によって“拳銃造り”が流行するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る