米NPOが製法公開 「3Dプリンター銃」日本では誰が造るのか

公開日:

 津田氏によると、3Dプリンター銃は外枠を強化プラスチックで造り、弾丸が通るバレルや薬室、撃鉄などは鉄で造る。22口径(直径5.5ミリ)や25口径(同6ミリ)程度の小型の弾丸なら、それほど特殊な金属でなくても発射に耐えられるという。

■弾丸は加工・自作

 実弾が入手できなければモデルガンの弾丸を使って自作する人も出てくるだろう。弾丸をドリルなどで加工して薬莢代わりにし、内部に火薬を詰めて弾丸の尻の部分に紙火薬をセロテープで止めて装填するのだ。紙火薬を撃鉄が叩いて内部の火薬が爆発すれば弾丸が撃ち出される。

「薬莢の内部に工業用の丸いベアリングを入れて弾丸として飛ばすのです。まっすぐ飛ぶ能力は低いものの、数メートルの距離から人間に当たると22~25口径弾くらいの殺傷能力はある。日本人は器用なので高精度の銃を造れるでしょう。引きこもり気味のガンマニアが造って殺傷事件を起こしはしないかと心配です」(津田哲也氏)

 2014年5月には3Dプリンター銃を製作した大学職員が神奈川県警に逮捕される事件が起きた。今回のデータ公開によって“拳銃造り”が流行するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る