「孤独のグルメ」に登場 町中華の名店が市場移転で消える

公開日: 更新日:

 実は、移転をきっかけに閉店するのは中華シブヤだけではない。都内の小さな名店が続々と閉店に追い込まれている。

「創業約70年のさつま揚げ店『愛川屋』(東京・笹塚)が約3カ月前、移転が原因で閉店しました。他にも煮魚が名物の小料理屋や、いけすがある海鮮居酒屋も閉店したと聞いています。やはり、何かと便利な築地だからやっていけたというのが内情のようです」(移転問題を追及する建築エコノミストの森山高至氏)

 市場移転で名店がどんどん消えていく。「ダイバーシティー」(多様性)を掲げる小池都知事は、食文化の多様性を守る気はさらさらないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  4. 4

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  5. 5

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  6. 6

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  9. 9

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  10. 10

    玉川発言が番組目玉 煽る報道は昔からメディアの常套手段

もっと見る