市場には好材料 「トランプ弾劾」で9月大相場がやってくる

公開日:

 トランプ米大統領は弾劾されるのか。9月相場の最大のテーマに浮上してきた。

 先週、トランプの元顧問弁護士マイケル・コーエン氏が、捜査当局との司法取引に応じ、トランプの指示で元ポルノ女優へ口止め料を支払ったと認めた。

「不倫の口止め料だけでなく、ロシア疑惑に絡む関係者の証言も飛び出しそうです。米議会が弾劾手続きに入る可能性は捨てきれません。ただ、株式市場はトランプ弾劾を歓迎しているフシがあります。トランプ大統領が仕掛けた米中貿易戦争はある程度ケリがつくでしょうし、輸入自動車に対する25%関税も白紙になる。TPP参加を米国が再検討するかもしれません。株式市場にとってプラス材料ばかりです」(市場関係者)

 トランプも黙ってはいなかった。テレビのインタビュー(23日)で、「もし自分が弾劾されれば、株価はクラッシュ(暴落)する」と警告したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る