WOWOW<下>3度目のビジネスモデルの転換が生き残りのカギ

公開日: 更新日:

 ネットフリックスやDAZN(ダゾーン)など、定額制動画配信の普及により、岐路を迎えた有料衛星放送のWOWOW。個人向け契約数は頭打ちとなり、ホテルなどの法人契約によって何とか加入数を増やしている。

 このような状況を受けてWOWOWは、「オリジナルコンテンツを今後一層充実させていく」(田中晃社長)方針を示し、番組制作費を増額させている。

 さらには定額制動画配信に対抗するために、今年度中にネット同時配信をスタートさせる。これにより加入者は、テレビ以外にもスマホなどでWOWOWを視聴できる。つまり、WOWOWはビジネスモデルの転換を目指している。

 WOWOWは過去に何度も危機を迎え、そのたびにビジネスモデルを変えて生き延びてきた。

 開局は1991年だが、赤字続きですぐに存亡の機に立つ。そこで93年に社長に就任した松下電器(現パナソニック)出身の佐久間曻二氏は営業に力を入れた。当時、WOWOWを見るにはデコーダーという機械をテレビに接続しなければならなかった。このデコーダーはWOWOWがメーカーから仕入れ、電器店経由で販売していた。佐久間氏はメーカーからの仕入れ値を抑える一方、松下での経験を生かし販売を伸ばしていった。こうしてWOWOWは危機を脱し、2001年には上場。しかし、その好調も長くは続かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  7. 7

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  8. 8

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る