WOWOW<下>3度目のビジネスモデルの転換が生き残りのカギ

公開日:

 ネットフリックスやDAZN(ダゾーン)など、定額制動画配信の普及により、岐路を迎えた有料衛星放送のWOWOW。個人向け契約数は頭打ちとなり、ホテルなどの法人契約によって何とか加入数を増やしている。

 このような状況を受けてWOWOWは、「オリジナルコンテンツを今後一層充実させていく」(田中晃社長)方針を示し、番組制作費を増額させている。

 さらには定額制動画配信に対抗するために、今年度中にネット同時配信をスタートさせる。これにより加入者は、テレビ以外にもスマホなどでWOWOWを視聴できる。つまり、WOWOWはビジネスモデルの転換を目指している。

 WOWOWは過去に何度も危機を迎え、そのたびにビジネスモデルを変えて生き延びてきた。

 開局は1991年だが、赤字続きですぐに存亡の機に立つ。そこで93年に社長に就任した松下電器(現パナソニック)出身の佐久間曻二氏は営業に力を入れた。当時、WOWOWを見るにはデコーダーという機械をテレビに接続しなければならなかった。このデコーダーはWOWOWがメーカーから仕入れ、電器店経由で販売していた。佐久間氏はメーカーからの仕入れ値を抑える一方、松下での経験を生かし販売を伸ばしていった。こうしてWOWOWは危機を脱し、2001年には上場。しかし、その好調も長くは続かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る