WOWOW<下>3度目のビジネスモデルの転換が生き残りのカギ

公開日:

 ネットフリックスやDAZN(ダゾーン)など、定額制動画配信の普及により、岐路を迎えた有料衛星放送のWOWOW。個人向け契約数は頭打ちとなり、ホテルなどの法人契約によって何とか加入数を増やしている。

 このような状況を受けてWOWOWは、「オリジナルコンテンツを今後一層充実させていく」(田中晃社長)方針を示し、番組制作費を増額させている。

 さらには定額制動画配信に対抗するために、今年度中にネット同時配信をスタートさせる。これにより加入者は、テレビ以外にもスマホなどでWOWOWを視聴できる。つまり、WOWOWはビジネスモデルの転換を目指している。

 WOWOWは過去に何度も危機を迎え、そのたびにビジネスモデルを変えて生き延びてきた。

 開局は1991年だが、赤字続きですぐに存亡の機に立つ。そこで93年に社長に就任した松下電器(現パナソニック)出身の佐久間曻二氏は営業に力を入れた。当時、WOWOWを見るにはデコーダーという機械をテレビに接続しなければならなかった。このデコーダーはWOWOWがメーカーから仕入れ、電器店経由で販売していた。佐久間氏はメーカーからの仕入れ値を抑える一方、松下での経験を生かし販売を伸ばしていった。こうしてWOWOWは危機を脱し、2001年には上場。しかし、その好調も長くは続かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る