近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

ロシアをその気にさせた 習近平国家主席の極東開発プラン

公開日: 更新日:

「前提条件なしで年内に平和条約を結ぼう!」

 ロシア極東のウラジオストクで先週開催された東方経済フォーラム(EEF)で飛び出した「プーチン発言」に、同席していた安倍首相が凍りついてしまったことは、周知の通り。実はその時、会場内で安倍首相とプーチン大統領の間に座って、ジッと笑みを噛み殺していたのが、習近平国家主席だった。EEFを取材した中国紙記者が語る。

「習主席がこのフォーラムに初めて参加した目的のひとつが、ロシア極東での中ロ貿易を拡大するためだった。昨年の中国と極東地域との貿易額は77億ドルに上り、早期に100億ドルを突破させようと、27回目の習近平・プーチン会談で話し合ったのだ。中国とロシア極東の協力プロジェクトは30余りに上り、総投資額は40億ドルを超える。中ロ両国はすでに、1000億元(約1兆6300億円)もの『地方発展投資基金』を設立しており、今後は中国資本が、ロシア極東地域の経済開発を行っていく。何といっても中国とロシアには、トランプという『共通の敵』がいて、習主席は今回も、『中ロは過去100年で最良の関係にある』と述べた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る