トランプ政権発表 中国報復なら全輸入品に25%追加関税も

公開日: 更新日:

 米中の貿易摩擦は、出口の見えない消耗戦の様相を呈してきた。トランプ米大統領は18日(日本時間19日午前)、ホワイトハウスで記者団に対し、発動を決めた第3弾の対中制裁関税に対し中国が報復するなら、中国からの残りの輸入品全てに25%の追加関税を課すと発表した。

 トランプ大統領は「米国の農家や労働者に対し報復措置をとるなら、追加で2670億ドル(約30兆円)の制裁措置を実行する。税率は25%だ」と断言。次は中国からのほぼ全輸入品を制裁対象にする構えを改めて示した。

 トランプ政権は17日、中国が米国の先端技術を不当に入手しているなどとして、制裁関税の第3弾を今月24日に発動すると発表。中国からの2000億ドル(約22兆円)相当の輸入品に10%の追加関税を課すとした。

 制裁発動の発表に中国は強く反発。これまで米国が制裁関税を発動するたびに報復関税で対抗してきたが、今回も米国からの600億ドル(約6兆7000億円)規模の輸入品に関税を上乗せすると発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る