貿易戦争激化 トランプが「対中2000億ドル制裁」指示か

公開日:

 いよいよ米中貿易戦争が本格化するのか――。米ブルームバーグ通信など複数の米メディアは14日、トランプ大統領が中国の知的財産権侵害に対抗し、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に関税を上乗せする追加制裁の発動を側近に指示したと報じた。貿易摩擦緩和に向けた協議再開を模索する一方で、制裁を続ける強硬姿勢を崩していないという。報道は具体的な発動時期には言及していない。

 米中は互いに500億ドル相当への追加関税を発動済み。米国がこれに2000億ドル相当を加えれば中国の輸入品の約半分に高関税を課す異例の事態となり、両国のみならず、世界経済に深刻な影響を及ぼす。

 トランプは8月末のブルームバーグのインタビューでは、2000億ドル分の追加制裁に関する国内企業などからの意見募集を9月6日に終えた後、速やかに発動したいと語っていて、いつ発動されてもおかしくない状況が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る