特捜部は自滅必至…日産16億円謝礼のサウジ実業家は超大物

公開日: 更新日:

 特別背任容疑で再逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者。私的な損失に絡み、協力してもらったサウジアラビアの実業家の会社に日産側から「謝礼」として約16億円を入金させた疑いを持たれているが、この実業家は世界有数の大富豪で、サウジ王室とも太いパイプを持つ超大物だ。東京地検特捜部はゴーン容疑者を「黒」に持ち込む供述を得られるのか。

 ゴーン容疑者の知人の実業家は、サウジでトップクラスの複合企業「E.A.ジュファリ・アンド・ブラザーズ」の副会長を務めるハリド・ジュファリ氏。ジュファリ氏の父親が1946年に創業し、サウジ国内の電気や通信に関わるインフラ整備事業のほか、建設、自動車製造、流通分野にも参入してきた。サウジ最大の企業のひとつだ。2016年には「世界で最も裕福なアラブ人トップ50」に入り、「ジュファリ一族」として18位になった。一族の資産は日本円で約5000億円に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る