経団連会長が“撤退”発言? それでも脱原発が進まない理由

公開日: 更新日:

「お客さまが利益を上げられない商売でベンダー(提供企業)が利益を上げるのは難しい。どうするか真剣に一般公開の討論をするべきだと思う。全員が反対するものをエネルギー業者やベンダーが無理やりつくるということは、民主国家ではない」

 経団連・中西宏明会長の年頭会見が波紋を呼んでいる。今後の原発政策について踏み込んだ発言をしたからだ。中西氏は原発メーカーである日立製作所の会長も務めている。それだけに、脱原発とも取れる発言は驚きをもって受け止められた。

 もっとも、日立が英国で進めてきた原発建設計画も暗礁に乗り上げているし、三菱重工と政府がシャカリキになってきたトルコでの原発建設も撤退のニュースが報じられている。安倍政権の目玉政策だった原発輸出は、ことごとく頓挫。世界的に見ても、原発ビジネスは採算が取れないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

  10. 10

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

もっと見る