沖縄県民投票を阻止 自民宮﨑議員が市議らに“圧力”の傲慢

公開日: 更新日:

 自民党の宮崎政久衆院議員が、辺野古移設の賛否を問う県民投票を阻止するよう、市議らに“圧力”をかけていた。昨年、県内の保守系市議らと勉強会を計4回実施し、その際、投票事務関連の予算案を否決するよう促す資料を配布していたのだ。

 宮崎議員は16日、那覇市で記者会見を行い、資料配布の事実は認めたが、「圧力をかけたことはない」などと開き直った。

 宮崎議員が作成した資料には「議会、議員としてはそもそも論としての県民投票の不適切さを訴えて、予算案を否決することに全力を尽くすべきである」と記述されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る