千葉大が方針「海外留学」必修化にちらつく安倍政権の影

公開日: 更新日:

「現政権の国策にのっとった制度です」とは大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏。

「昨年の入管法改正により、これから外国人労働者が増えるのは間違いない。彼らと一緒に働くために英語をガンガン勉強して欲しいという政権の希望をくんでこの制度を打ち出したと思われます。すでに政府はセンター試験をやめて来年度から大学入学共通テストに移行することを決定、TOEICや英検などを採用しました。国民全員に英語をしゃべってもらおうということです」

 留学制度にはメリットとデメリットがありそうだ。

「留学経験者と話すと、他人の意見を『そんな考え方もあるのか』と受け入れる、視野の広い人が多いことに驚かされます。世界各国の優秀な人たちと交流したおかげです。留学が人材育成にプラスに働くことは間違いありません。ただ、真面目な人は『勉強しなければならない』と自分を追い込んでノイローゼになりがち。観光気分で留学を楽しむくらいの気持ちで行ったほうがいいでしょう」(安田賢治氏)

 先の大戦では政府は「敵性語を使うな」と国民に英語を禁じたが、今は「お国のためにもっと英語をしゃべれ」というわけだ。国策英語教育によって工事現場の監督が「ハリーアップ!」とハッパをかける時代がやってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る