有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

良品計画<下>主力・生活雑貨で競合の「ニトリ」に苦戦する

公開日: 更新日:

 良品計画は4月4日、東京・銀座に「MUJI HOTEL GINZA」を開業する。同ホテルは中国・深圳(2018年1月18日)、北京(同年3月20日)に続き3カ所目となるが、国内では初。

 読売新聞東京本社と三井不動産が東京・銀座3丁目に開発した複合ビルの6階の一部と7、8、9、10階に全79室のホテルをオープンする。良品計画がコンセプトを策定し、内装を行い、家具をデザインした。ホテルの運営は委託する。

 無印良品の創業者であるセゾングループの総帥、故・堤清二は、無印(ノーブランド)によるホテル開業を構想していた。

 堤清二は、「無印良品」をデザインや高機能で自己主張するのではなく、生活にそっと寄り添い消費者に自由に使ってもらえる商品と規定した。堤の遺志を引き継ぎ良品計画はシンプルで良質な商品を世界で提案・販売してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る