孫崎享
著者のコラム一覧
孫崎享外交評論家

1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。

中国に対して日本の経済界は将来を見据えて対応しているか

公開日: 更新日:

 日本は今、経済力を増してきた中国にどう対応するべきかについて大きな岐路に差しかかっている。日本国民の多くは、中国や韓国に対する蔑視的感情が残っている。そして歴史を振り返ると、蔑視的な見解を抱いている期間はとても長い。

 福沢諭吉は1885年の「脱亜論」で、①支那、朝鮮ハ今ヨリ數年ヲ出デズシテ亡國ト爲ル②我レハ心ニ於テ亞細亞東方ノ惡友ヲ謝絶スルモノナリ、と書いている。

 しかし、歴史は大きく変動し、今や真逆の情勢が生まれつつある。

 国力の比較ではGDPが使われる。米国の情報機関CIAも経済力の比較を行っていて、その購買力平価ベースを比べると、世界第1位は中国(23兆ドル)、第2位は米国(19兆ドル)となっている。おそらく、この数字を知っている日本国民は極めて少ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る