“情報漏洩の恐れあり”米政府が中国製のドローン使用を警告

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争の新たな火種になりそうだ。米国土安全保障省(DHS)が中国製ドローンについて、飛行情報が中国のメーカーに送信され、中国政府に漏洩する恐れがあると警告するメモをまとめていたことが分かった。20日、米CNNが報じた。

 DHSは特定メーカーには言及していないが、米国とカナダで使用されているドローンの80%を占める中国DJIの製品使用を踏みとどまらせる狙いだとみられる。

 米国の自治体の捜査機関やインフラ運営機関などは、ここ数年でドローンへの依存を強めており、今回のメモは「国家安全保障あるいは国家の重大な機能にかかわる業務を行う組織では、スパイ活動のリスクや機密情報が盗まれるリスクが増大する恐れもあり、特に警戒しなければならない」と強調している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る