“消去法”で音喜多元都議に…維新が参院東京選挙区で擁立へ

公開日: 更新日:

 参院東京選挙区は定数が5から6に増え、激戦が予想されている。自民党、公明党、立憲民主党、共産党に加え、22日には国民民主党も新人女性を擁立。丸山穂高衆院議員の「戦争しないとどうしようもない」「おっぱい」騒動で大炎上中の日本維新の会は出遅れていたが、ようやくまとまりつつあるようだ。

 都議会で小池知事とケンカし、4月の統一地方選で北区長選に落選したお騒がせの音喜多駿元都議を擁立するという。近く発表するとみられている。

「維新内部では、音喜多氏を含む複数の名前が挙がっていた。新党大地代表の鈴木宗男氏と作家の乙武洋匡氏らのようです。宗男氏はネームバリューはありますが、高齢で健康不安を抱えている。乙武氏も知名度バツグンですから、官邸周辺も〈保守票が割れかねない〉と警戒していた。ところが、丸山議員の〈おっぱい〉〈女を買いたい〉発言が大騒ぎになったことで、状況が一変しました。乙武氏は3年前、5人の独身女性と不倫関係を週刊誌に報じられた“前科”があり、下半身ネタを蒸し返されるリスクで、立ち消えになったとか。そこで、音喜多氏にお鉢が回ってきたようです」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る