“消去法”で音喜多元都議に…維新が参院東京選挙区で擁立へ

公開日: 更新日:

 参院東京選挙区は定数が5から6に増え、激戦が予想されている。自民党公明党立憲民主党、共産党に加え、22日には国民民主党も新人女性を擁立。丸山穂高衆院議員の「戦争しないとどうしようもない」「おっぱい」騒動で大炎上中の日本維新の会は出遅れていたが、ようやくまとまりつつあるようだ。

 都議会で小池知事とケンカし、4月の統一地方選で北区長選に落選したお騒がせの音喜多駿元都議を擁立するという。近く発表するとみられている。

「維新内部では、音喜多氏を含む複数の名前が挙がっていた。新党大地代表の鈴木宗男氏と作家の乙武洋匡氏らのようです。宗男氏はネームバリューはありますが、高齢で健康不安を抱えている。乙武氏も知名度バツグンですから、官邸周辺も〈保守票が割れかねない〉と警戒していた。ところが、丸山議員の〈おっぱい〉〈女を買いたい〉発言が大騒ぎになったことで、状況が一変しました。乙武氏は3年前、5人の独身女性と不倫関係を週刊誌に報じられた“前科”があり、下半身ネタを蒸し返されるリスクで、立ち消えになったとか。そこで、音喜多氏にお鉢が回ってきたようです」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る