【滋賀】知名度勝る嘉田逃げ切るか ライブ開催二之湯防戦

公開日: 更新日:

【滋賀】(改選数1)

▲▲二之湯武史42自現
△△嘉田由紀子69無新

 1人区で11勝以上を目指す野党にとって、絶対に落とせない選挙区だ。一方の自民は激戦区に指定している。

 2期目を目指す二之湯は、3年前の参院選で3期目に入った二之湯智(京都選挙区)の長男。京都府議4期目の二之湯真士が弟という政治家一家の出だ。京都に空きも勝てる選挙区もなく、隣県で政界入りした。6年前は民主党現職にダブルスコアで勝ったが、今回は大接戦必至だ。野党統一候補の嘉田は手ごわい。2014年までの2期8年にわたり、知事を務めた実績で知名度は抜群。一昨年の衆院選は統一候補として滋賀1区に立ち安倍チルドレンに約5000票差まで迫った。

「知名度では嘉田前知事が圧倒的。公明の推薦を受ける二之湯議員は比例区に出る公明候補と県内を回り、票固めを急いでいます。自民党の組織票に加え、力を入れるスポーツやツーリズム関係の人脈に働きかけるほか、マスコミとの懇親も積極的。投票箱が閉じられる瞬間までどう転ぶか分かりません」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る