【滋賀】知名度勝る嘉田逃げ切るか ライブ開催二之湯防戦

公開日: 更新日:

【滋賀】(改選数1)

▲▲二之湯武史42自現
△△嘉田由紀子69無新

 1人区で11勝以上を目指す野党にとって、絶対に落とせない選挙区だ。一方の自民は激戦区に指定している。

 2期目を目指す二之湯は、3年前の参院選で3期目に入った二之湯智(京都選挙区)の長男。京都府議4期目の二之湯真士が弟という政治家一家の出だ。京都に空きも勝てる選挙区もなく、隣県で政界入りした。6年前は民主党現職にダブルスコアで勝ったが、今回は大接戦必至だ。野党統一候補の嘉田は手ごわい。2014年までの2期8年にわたり、知事を務めた実績で知名度は抜群。一昨年の衆院選は統一候補として滋賀1区に立ち安倍チルドレンに約5000票差まで迫った。

「知名度では嘉田前知事が圧倒的。公明の推薦を受ける二之湯議員は比例区に出る公明候補と県内を回り、票固めを急いでいます。自民党の組織票に加え、力を入れるスポーツやツーリズム関係の人脈に働きかけるほか、マスコミとの懇親も積極的。投票箱が閉じられる瞬間までどう転ぶか分かりません」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る