【滋賀】知名度勝る嘉田逃げ切るか ライブ開催二之湯防戦

公開日: 更新日:

【滋賀】(改選数1)

▲▲二之湯武史42自現
△△嘉田由紀子69無新

 1人区で11勝以上を目指す野党にとって、絶対に落とせない選挙区だ。一方の自民は激戦区に指定している。

 2期目を目指す二之湯は、3年前の参院選で3期目に入った二之湯智(京都選挙区)の長男。京都府議4期目の二之湯真士が弟という政治家一家の出だ。京都に空きも勝てる選挙区もなく、隣県で政界入りした。6年前は民主党現職にダブルスコアで勝ったが、今回は大接戦必至だ。野党統一候補の嘉田は手ごわい。2014年までの2期8年にわたり、知事を務めた実績で知名度は抜群。一昨年の衆院選は統一候補として滋賀1区に立ち安倍チルドレンに約5000票差まで迫った。

「知名度では嘉田前知事が圧倒的。公明の推薦を受ける二之湯議員は比例区に出る公明候補と県内を回り、票固めを急いでいます。自民党の組織票に加え、力を入れるスポーツやツーリズム関係の人脈に働きかけるほか、マスコミとの懇親も積極的。投票箱が閉じられる瞬間までどう転ぶか分かりません」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い