埼玉県知事選は構図ガラリ「与野党一騎打ち」の大激戦に

公開日: 更新日:

 埼玉県知事選が8日告示される(25日投開票)。自公が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)の圧勝ムードとされてきたが、急転直下、告示2日前にガラリと構図が変わった。出馬表明していた2人の野党系元参院議員のうちの1人が立候補を取りやめたのだ。2人とも出馬すれば、野党票が割れるとみられていただけに、1人に集約され、野党系にも勝機が見えてきた。

 元参院議員の1人は、現職の上田清司知事が全面支援する大野元裕氏(55)。立憲民主党、国民民主党、社民党、共産党の野党4党も支持し、事実上「野党共闘」候補だ。もう1人は行田邦子氏(53)だが、きのう夕方予定していた政策発表の記者会見を急きょキャンセル。体調不良で入院したとして、陣営が出馬取りやめを明らかにした。


■枝野氏のお膝元、勝てば「野党共闘」に弾み

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る