埼玉県知事選は構図ガラリ「与野党一騎打ち」の大激戦に

公開日: 更新日:

 埼玉県知事選が8日告示される(25日投開票)。自公が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)の圧勝ムードとされてきたが、急転直下、告示2日前にガラリと構図が変わった。出馬表明していた2人の野党系元参院議員のうちの1人が立候補を取りやめたのだ。2人とも出馬すれば、野党票が割れるとみられていただけに、1人に集約され、野党系にも勝機が見えてきた。

 元参院議員の1人は、現職の上田清司知事が全面支援する大野元裕氏(55)。立憲民主党国民民主党、社民党、共産党の野党4党も支持し、事実上「野党共闘」候補だ。もう1人は行田邦子氏(53)だが、きのう夕方予定していた政策発表の記者会見を急きょキャンセル。体調不良で入院したとして、陣営が出馬取りやめを明らかにした。


■枝野氏のお膝元、勝てば「野党共闘」に弾み

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る