トランプが発言 9月の米中協議「中止でも構わない」

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は9日、中国との貿易協議に関し、「合意する準備ができていない」と記者団に話した。9月上旬に米ワシントンで開催予定の閣僚級協議は、「今のところ予定されている」としながらも、「中止になるかどうか、これから分かる」「実現するなら結構。実現しなければ、それでも構わない」と発言した。

 トランプは今月1日に中国からの輸入品のほぼすべてに制裁関税を拡大する「第4弾」を9月1日に発動すると表明。第4弾は携帯電話や衣料品など消費材が多く含まれ、対象額は3000億ドル(約32兆円)にのぼる。一方、中国は米農産品の購入停止で報復措置をとる。

 米中対立のさらなる激化を受け、NYダウは大幅下落した。9日は前日比90・75ドル安の2万6287・44ドルで取引を終えた。

「リスクオフの流れが加速し、ドル円相場は一気に円高方向に振れている」(市場関係者)

 同日のNY外為市場では、一時1ドル=105円27銭まで円高が進行。約7カ月ぶりの円高水準となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る