「誇り」発言に違和感 首里城再建に性急な安倍政権の思惑

公開日: 更新日:

「首里城は沖縄の皆さんが大切にしてきた、沖縄の皆さんの誇りともいえる極めて重要な建造物です」

 沖縄県のシンボル「首里城」の焼失を受け、6日の閣僚会議でこう強調した安倍首相。「一日も早く復元できるよう沖縄県や地元の皆さまのご意見も伺いながら、必要な財源を含め政府として責任をもって全力で取り組んでまいります」と意気込んでいたが、首里城再建に対してミョーに前のめりな姿勢からは別の思惑が透けて見える。

 首里城火災では約73億円を掛けて復元した計7棟と約400点の収蔵品が焼失したが、ネットによる再建に向けた寄付額は早くも3億円を突破した。その一方で、菅官房長官も「政府としてしっかり財源手当ては行う」と表明。今年度の補正予算案に計上するかも含めて政府内で調整していると明かした。

 官民で首里城再建に向けた動きが出ているのは歓迎すべきことだが、安倍首相の「沖縄の誇り」発言には違和感を覚えてしまう。その「誇り」を誰よりも踏みにじってきたのが安倍政権だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る